新築

新築住宅

当社は、新築住宅の施工では自然素材にこだわった施工や耐震強度を上げる施工を行っています。
ロケットハウジングに加盟しておりますので自然素材や建具などの、より高品質で建材を取り扱うことが出来るようになりました。
また、ロケット工法・テラ工法・K-3工法などの工法を用いることで今までの木造住宅よりもメリットが高く、安全・快適な住宅をご提供いたしております。


ロケットハウス

ロケットハウスとは、ロケット構造を持つ住宅のことをいいます。
「ロケット金物」と「構造用集成材」を使用する事で在来の軸組みよりも強化できるため従来の木造住宅よりも耐震強度が優れており、間仕切りの位置を自由に設定することができます。
また、コスト面や施工期間が大幅に改善され、将来的な増改築やリフォームといった間取りの変更など自在に変更することが出来るようになっております。


ロケット工法とは何か?

ロケット工法は、ロケット金物も、さくりはめ壁も、モノ自体が持つおもしろさは山ほどあります。ここでは、そのおもしろさのサワリをお伝えします。

躯体(スケルトン)と、
しつらえ(インフィル)という発想

この工法は、躯体(スケルトン)と、しつらえ(インフィル)を別々に考える先駆けといえる工法です。このことが強調されるはるか前から、そうした考えにもとづいて開発されました。 昔の「田の字型」の家は、もともと自在な空間性を保持していました。小部屋ばかり多い「下宿屋」プランは、実は高度成長期に造られた家のプランに過ぎません。

ロケット工法は、建物の躯体が極めて丈夫に出来ているので、広い空間を実現することが出来ます。そして、生活の変化、家族の変化に合わせて間取りを変えて行くことが出来ます。それは、構造の成り立ちと、空間の区別とを分離して考えているからです。


ご相談・お問い合わせはお気軽に!!

電話でのお問い合わせはこちら。営業時間 メールフォームからのお問い合わせはこちら

ページトップへ